【STUDIO R330】ローラ監修ブランドのLARQウォーターボトルを使ってみた感想

環境

ローラ監修ライフスタイルブランド「STUDIO R330」のLARQウォーターボトルについて詳しく紹介していきます!

「STUDIO R330」のLARQウォーターボトルの魅力

(☝︎三姉妹で買ったので3本並べて撮りました)

洗わなくていい、川の水も飲める

世界初のポータブルデジタル洗浄システムを使用した殺菌機能付き

自動洗浄機能により、2時間ごとに自動的に起動して10秒の自己洗浄

◯アドベンチャーモードなら最大99.9999%のバクテリアと99.99%のウイルスを根絶

(浄水時間は通常モードは1分、アドベンチャーモードは3分でできます)

上記のような機能があるため、水筒の中を洗わなくていいんです!(※水以外を入れた場合は洗う必要があります。)

私は飲み物は水で十分だと思うので、洗わなくてよくて非常に快適です!

ちなみに、本当に汚れが蓄積しないのか確かめるために、数ヶ月洗わずに使い続けた後に、水筒の中を拭いてみました。

すると、少しも汚れが付いていなくて、本当に綺麗でした!

また、そのくらい素晴らしい殺菌機能が付いているので、川の水も飲むことができると思います。(目に見える大きさのものは除去できないと思うので、その点はお気をつけください。)

軽量

非絶縁ステンレス構造で超軽量 です。(計ったところ、約300gでした!)

素晴らしい機能が付いているのに、本当に軽いです。

その他

【充電式で便利(フル充電で最長1ヶ月持続)】

最長1ヶ月持続となっていますが、私が使ってみたら、暑い時期は電池の消耗スピードが遅いからか、1ヶ月以上持続していたような気がします。

そのくらい長くもつので、とても便利です!

【デザインがオシャレ】

 (黒でシンプルながらも形やデザインがオシャレです!)

【収益の一部が1% for the Planetに寄付される】

地球環境を守り、多くの人々に安全な飲料水を届ける取り組みも行っています。

1% for the Planetのホームページはこちらです。

【1年間の無料保障付】

詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください

目次に戻る

使い方

使い方については、YouTube動画でも紹介しています。

動画で見たい方はこちらをご覧ください☝︎

動画を見た方で、文字での説明を飛ばしたい方はこちらをクリックしてください。

付属品:ウォーターボトル、USBケーブル、説明書

届いたらまず、このキャップの上面にあるマークを5秒間長押しして、ロックを解錠します。

そのときキャップの縁部分が青白い色に光ります。

次に充電をします。

キャップの側面にあるUSBケーブル挿入口に、付属のケーブルを挿します。

反対側はUSB壁充電器かノートパソコンのUSBソケットに差し込みます。

(USB壁充電器は付属ではありません)

私はiPhoneの充電に使っているUSB壁充電器を使っています。

充電し始めると、緑色で波打つように光ります。

充電中はずっとこのように光っています。

充電が満タンになるのを待ちます。

充電は1〜2時間だと思います。

充電が終わると、キャップの縁部分が緑色で常時点灯します。

そしたらコンセントを抜きます。抜くと、光は消えます。

ちなみに、電池残量が残り少なくなると緑色で点滅します。

充電が終わったらいよいよボトルにお水を入れます。

ボトルの、上に向かって狭まり始めている高さくらいまで入れます。

キャップをしっかり閉めます。

通常モードの場合は、キャップ上面のマークを1回押します。

浄水している間は水色に光ります。

その間、水が均等に浄化されるように、静かに振ります。

通常モードの浄水時間は1分です。

1分経つと、青白く光ります。

そしたら完了です。

アドベンチャーモードの場合は、マークをダブルクリックのようにカチカチッと押します。

そのときは青色に光ります。

アドベンチャーモードの浄水時間は3分です。

そしてその後、そのままの状態にしておくと、2時間に1回、自動的に浄水されます。

自動浄水がされないようにしたい場合は、5秒程長押ししてロックをかけます。

そのときは白色に光ります。

浄水が必要ないときに、ロックをかけておくことで電池寿命を節約することができます。

再び浄化されるようにしたい場合は、またそのマークを5秒程長押ししてロックを解除すればOKです。

浄化を途中で中断したいときは、マークを1回押せばOKです。

基本的な部分は以上のような感じです。

補足的な部分ですが、

・説明書を読んだところ、ろ過されたお水であれば、川の水などでも大丈夫だと私は認識しています。

 また、そういう時でない限り、アドベンチャーモードではなく通常モードで十分なのではないかと私は認識しています。

・中身は浄化されるので洗う必要はないですが、キャップ、ボトルの外面部分は浄化されないので、定期的に洗う必要があります。飲み口部分も、口紅が付いたときに拭いたり、そうでなくても1ヶ月に1回程拭くと良いと思います。

(!キャップにはUSBケーブル挿入口があるので、水で洗うのではなく、清潔な布で拭いて消毒する方がいいと思います。!)

デメリット

◯熱湯は入れてはいけない

冷水〜温水は良いと公式サイトに書いてあります。

◯保温機能はなく、保冷機能はあるようです。

説明書をしっかり読んでから使ってください。

日本語版の説明書はこちら

目次に戻る

レビュー

710mlと大容量で非常に快適です!

長時間外出するときも、大活躍です!

付属の紙媒体の説明書は英語で書かれているので、日本語版を読みたい場合は、包装箱に載っているQRコードから読むか、公式サイトのpdfから読むことになります。

その点は、日本語の説明書が紙媒体としてあったらもっと便利だと感じました。

重さについての詳細が見当たらなかったので、計ったところ約300gでした!

超軽量です!

殺菌機能、充電できる機能がついているのにこの軽さはすごいです!

また、ポータブルデジタル洗浄システムが世界初ということで、この点もすごいと思いました!

充電式は便利ですし、フル充電で最大1ヶ月もつというのも、思っていたより長持ちでいいと思いました!

あと、洗う手間が省けるのは非常に便利です!

洗わなきゃいけないことが、一般的な水筒を少し面倒くさいと思ってしまう理由ですからね~。

あと入れるのは水道水で良いので、この点もめっちゃ便利です!

サーッと入れればOKですね。

最高です。

さらに、こんな便利なものを買うと、1% for the Planetに寄付できるっていう点も魅力的だと思います。

目次に戻る

まとめ

まとめると、

・世界初の洗浄システムで、自動洗浄機能付き

・超軽量

・充電式で便利

・オシャレで最高

という感じです。

本当に素晴らしいと感じるブランドなので、ぜひみなさんに快適にお買い物していただきたいです!

参考にしてください!

このウォーターボトルと同じく「STUDIO R330」から販売されているデニムパンツについての記事も書いています。

ローラ監修ブランド「STUDIO R330」のデニムパンツ【レビュー】

また、「STUDIO R330」全体の魅力についての記事もあります!

ローラ監修ブランド「STUDIO R330」の魅力

ぜひ、参考にしてください!

目次に戻る

では、お読みいただきありがとうございました!

PVアクセスランキング にほんブログ村

ecomacoblog - にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] ローラ監修ブランド「STUDIO R330」のLARQウォーターボトル【レビュー】 […]

  2. […] ローラ監修ブランド「STUDIO R330」のLARQウォーターボトル【レビュー】 […]

タイトルとURLをコピーしました