「無敵の思考」ひろゆき【レビュー】

経済・社会

「無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21」を読んだ感想を紹介していきます。

著者:ひろゆき
発行:2017年7月
発行所:大和書房

特に私の印象に残った部分と、その感想を紹介します。

「こういうときは、こうしておこう」というルールを決める

そうすれば選択する手間を少なくできますね。優柔不断な人にとっては特にいいかもしれません。

最悪のシナリオ考えておく

物事を楽観的に考えるには、逆にこれが必要かもしれませんね。最悪の状況を考えて、それでもなんとかなると分かれば、前を見て行動するのみだと思います。

「これは情報ですよ」と明示されていないものの中から情報を抽出することくらいしか「人間としてやれること」はないわけ。それが楽しめるかどうかは、人生を楽しめるかどうかにつながっていく。

情報を管理したり、情報を情報として提供するのは機械にできます。一見、情報とは思えないようなところから情報を見出すことを楽しめるのが大事と。法則を見つけたり、新しく感情の変化を見つけたりすることですかね。

「自分にはない感覚」の人を楽しもうとすることが、仮説を立てるクセをつけるにはもってこい

自分にはない感覚の人を楽しむことは難しいことです。でも、「違いを楽しむ」って大切だと思います。自分とは違う人をすぐに批判したり、拒絶したりするのは良くないと思います。すべてが同じっていう人がいないからこそ、いろいろなアイデアが生まれたり、新しい発見があったりします。心がけていきたいです。

「根拠のない自信」を持つ。自信を持っている人が物事を思い通りに進められてしまう。人生幸せになる確率が高い。つまり無敵になれる。

「根拠のない自信をもつ」ことは、私の今年の目標にしてます。やったことがないので、難しいとは思いますが無敵になりたいので、少しずつやっていこうと思います。

日本にいるだけでイージーモード

確かにそうですね。万が一、何かを生み出すことができずお金を稼ぐことができなくても、すぐに死ぬということはほとんどないと思います。生活保護があります。

消費者のままの人生から抜け出すためには、クリエーターになる。

消費してるばかりではお金稼げないです。しかも、消費することばかりに幸せを感じていたら、お金を得るために何かしら生産する必要がありますが、それが辛くなってしまいます。「何かを生み出す」ということに幸せを感じられるといいですね。私は何を生み出すときに幸せを感じるのか、見つけていこうと思います。

お金をかけずに楽しむ。

これも大事ですね〜。お金をかけずに楽しんだり幸せを感じることができれば、そんなに多くのお金を稼ぐ必要はないですからね。「少し稼いで少し使う」っいう生活もいいかもしれませんね。

固有名詞ではなくエピソードで覚える。

これまでの勉強の中では、テストのために歴史上の人物の名前をとにかく覚えるというようなことをやっていましたが、それでは人生の中で役に立ちません。その人の人生や経験を知り、自分の生活に役立てるということが本当の勉強なのかもしれません。

ストレスマネジメントを徹底する

ストレス発散法を見つけておくことは大事ですね。ストレスは生きていく上で避けられないですからね。私は今までストレス発散法を見つけられないでいましたが、たぶん「寝ること」だと分かりました。寝て起きたらだいたいスッキリして気持ちが切り替えられるので笑

長く役に立つ本を読む。

いい本の選び方の5つの条件が書かれていました。それを基に判断して読書していきたいと思います。

簡単に「自分を変える」方法
他人を変えるより自分を変える方が簡単。どんな状況にあったとしても、それをプラスにするための状況を考える。

確かに、他人はなかなか変えられないです。ポジティブシンキングですね。楽観的に物事を考えていきたいと思いました。

身につけておいた方がいいスキルは、料理が上手くなることと、なんでも食べられるようになること。

身につけておいた方がいいスキルが料理がうまくなることだとは意外でした。料理全然できないので少しやった方がいいかもしれないと思いました。

スキルを手に入れるときに大事なのは、スキルそのものよりも、そのスキルを手に入れる能力のほう。スキルを得るためのスキル。

これは今までになかった視点です。何かしらのスキルももちろん大切だと思います。でも、スキルを身につけるためのスキルが身についていれば、新しいスキルが必要になったときに大いに役立ちます。現代は時の移り変わりが速いので、そのスキルは重要かもしれません。

営業や会議も、広く見ると自分の「プレゼン」

あまりこういうふうに考えたことありませんでした。就職面接もですね。自分を売り出すためのプレゼンです。その場合、自分を客観的に見ることが必要です。モノを売り出すときは、そのモノについて詳しく知り、客観視してプレゼンする。面接のときは、自分について詳しく知り、自分を客観視してプレゼンする。そんな感じだと思いました。

<アクションプラン>

・根拠のない自信をもつ

・何を生み出すときに幸せを感じるか考える

・料理をする

・長く役に立つ本を読む

以上です。

人生において、楽しく生きるために役立つ情報が詰まっていたので、オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました